あなたは、1万円札を破れますか?そして、価値観<お金になってませんか?(僕の仲間の記事をみてください)

人生の原理原則

http://usus.xsrv.jp/blog/principle-of-life

仮説です。

人生の原理原則とは

『幸せになるようになっている』

 

もしあなたが今、『幸せ』と思っていないのなら

それは原理原則から外れた生き方をしてます。

 

原理原則から離れた生きたかをしていると

ストレス発散目的で何かに依存

若しくは執着した生き方していませんか?

・暴飲暴食を繰り返す

・快楽だけを求めるカラダだけの関係に溺れる

・暴力的になっていたり

・ドラックに手を出したり・・・

 

・そしてだんだん病魔が体を蝕み

・がん細胞が活性化してたり

・成人病になってたり

・鬱になっていたり

 

いつも起きてほしくない方ばかり選択し

どうにもならないところまで追い込まれ

自傷行為が進んで自殺に突き進んだり・・・

 

 

ストレスの最たる原因はお金

個人的にはそう思ってる。

 

お金があれば○○が買える

お金があれば○○ができる

お金があれば○○してあげれるのに・・・

値札を気にせず買物したい

価格気にせず食事を楽しみたい

お金のこと気にせず旅行したい・・・

やばい、口座の金が足らない

支払の金どうやって集めよう・・・

 

そんな思い、

1日に何回頭をよぎるのだろう。

 

 

お金に囚われている

お金に感情を支配されている

 

きれいごとなしに、お金は大切

お金は重要。

お金があれば選択肢は広がる。

 

でもそれって

人生の原理原則を考えたとき

素直に受け入れれるのかな?

 

 

『人生=活動している時間』

活動するには確かにお金を要する。

でもさ、

・相手

・周りばかり気にして

・比べて

『自分』ってのにフォーカスしてない

自分の価値観を蔑ろにしていませんか?

 

すりこみで

幸せになるにはお金が必要と思い込んでる。

簡単な図にすると

『自分らしさ<お金』

そんな風になっていませんか?

必要以上にお金に対し価値を置き

必要以上に重さを心理的に感じてませんか?

 

Doctor苫米地英人氏は、こんなこと論じてる。

「1万円札を破りなさい」と。

 

これお得意の、勝手な解釈。

『人生はお金で選ぶのではなく

自信の価値観に則り生きなさい』

口で言うのは簡単だけどね。笑

笑い事じゃないか。(;’∀’)

 

苫米地英人著書

「君は1万円札を破れるか?」(マキノ出版)

その本のワークに1万円札を敗れ!

なんてあるんだけど、僕は破れなかった。

それ程にまで、強くお金にとらわれている。

確かに、御託ならべてる。

でもそれは自身の思い込みを取り外す

それを主として書いてます。

 

週刊現代special(2017年1月14日 増刊号)

『日本人の幸せ

本当の豊かさとはなにか、わかる1冊』

この雑誌の中で健康コーポレーション社長

瀬戸健氏(ライザップを立ち上げた人)が

こんなことを言っている。

 

「死んだら墓場まで持っていけるわけでもないし、

おカネを持っているから幸せということではありませんよね。

でも今の世の中は、お金を持っていると幸せになれるという、

資本主義的な思考が多い。私は、それは誤解だと思いますね。

 

幸せの本質は、プロセスだと思うんです。

山登りだって、頂上に登ることだけが目的でないですよね。

頂上までの過程に楽しみと幸せがあるから、人は山に登る。

ビジネスもお金儲けが目的ではありません。そのプロセスが

楽しいから、挑戦できるんです。」

 

結びの文章としてこう記してあった。

成功者とは、永遠の挑戦者である。

たとえ、上場して億万長者になったとしても、そこで

歩みを止めることはない。と。

(以上抜粋記事)

 

 

『人生の原理原則=幸せになるようになっている』

『幸せの本質=過程を楽しみ挑戦し続ける』

 

幸せになるには?・・・

幸せになるには『ソウゾウ』するではないでしょうか?

『ソウゾウ』とは、創造と想像

想像…(1歩先の)未来を予想・予測する

創造…理想を実現するために行動する

そんな風に幸せになるには??

と考えています。

 

 

これからの未来

紙幣に価値がなくなる

紙幣・貨幣から電子マネーに完全に移行する!

 

都市伝説では2018年に

お金の制度が切り替わるといわれてる。

1971年に金本位制が終わりを告げ

信用紙幣へと移り変わり

兌換紙幣のみならず

不換紙幣までもが発明された。

不換紙幣=金と交換できない紙幣ね。

 

陰謀論になってくるのだけど、

1818年の段階で200年後に

市場から全て金を引き上げると決められていた。

信じる信じないは、あなた次第。。。

まあ、そんなことはどうでもいいか。

 

でもさ、お金が電子化される流れはあがなえない

そんなところまでに来ていると思う。

現時点でもクレジットカード・パスモやスイカ

これらなんかも電子マネーって言ってよいと思う。

 

電子マネーの良さって

『使うのに心理的負担が軽い』ってのがある。

心理的負担が軽いと・・・

 

最終的にみんなが豊かになれるといえるのでは?

だってさ、経済活動が活発になるからさ。

心理的負担が軽いから、お金ため込まず

じゃんじゃん商品やサービスを購入してる

 

『お金の原理原則』

ぐるぐる回れば回るほど市場は大きくなり

どんどん豊かになっていく。

使えば使うほど、どんどん豊かになるようになっている。

 

確か動画だったけど、こんなことを言っていた

『100万で家を建てる

その建てた家を担保にもう1件家を建てる

その建てた家を賃貸住宅として貸し出す』

 

お金を動かすことによって

産業が育ち

さらに新しい産業や雇用が生まれる

そんな感じで理解し覚えている。

 

 

 

時代の流れは、より軽く・より早く

 

蒸気機関車の発明発達

飛行機の発明発達により

早く移動することができるようになり

心理的距離が近くなった。

 

インターネットの発明・発達により

情報速度が格段に上がった

メールを打てば、すぐさま相手に届き

会いたい人を探すことができ

会いたい人に会えやすくなった

 

時代の流れに沿い

国際通貨や

基軸通貨はなくなると思う。

暗号通貨の流通網が発達し

携帯電話持っているだけで

それこそ世界中の人とお金のやり取り

それも手数料なしでやり取りできる

ようになるんじゃないの?

 

おカネという心理的負担が軽くなり

民泊がもっともっとメジャーになり

同じ場所に住み続ける人のほうが

マイノリティになるんじゃないかな?

 

 

価値観がガラリとかわる

農業革命により、狩猟と農業を分化された

産業革命で商業・工業を農業に比肩しうる

産業として確立された

情報革命によって空間や国境の制限が取っ払われた

 

価値観がガラリとかわるとは、革命が起きている

そんな風にとらえてる。

今起きている革命は、通貨革命?

 

否、そんな小さなものではないと思う。

メンターの言葉をかりるなら

『フォース革命』

 

フォースとは何ぞや?と言うと

フォース=心のあり方

 

掘り下げていくと

今の時代、ものすごいスピードで移り変わってる

旧来、メンター・先駆者に耳を傾ければ

正解にたどり着けた。

 

でもこれからの時代

価値観はいくらでも塗り替えられる

信じるべき、一番重要なのは

自信の価値観・直感に基づいていきる

そっちの考え方でいる方が、簡単に幸せになれる

 

もっと端的に述べると、「誰かの指示を待って生きてては

真っ逆さまに地獄へ落っこちるよ」ってこと。

 

 

『自分らしさ>お金』

これこそ人類選別の鍵だったりして。

・依存

・執着

・妬み

・ひがみ

・中傷

・嫉妬

つまりは自身の価値観を確立してない人は

超簡単にド貧乏になってしまう時代になる。

 

共産主義者じゃないけど

『分け与えることが当たり前』

そんな時代になるんじゃないかな。

 

マズローの欲求段階説を例に出すと

・生理的欲求

・安全の欲求

・社会的欲求

・尊敬、評価の欲求

それにとらわれていてはダメ!

 

最低でも自己実現の欲求

できれば、自己超越して

・コミュニティの発展

・隣人愛

そんなマインドを持っていた方が

すっごく豊かになれるかも?

 

『7つの習慣』第4の習慣にも記されているように

「信用残高を増やしなさい」とある。

 

勝手なイメージ

これからの時代

信用残高が高い=お金持ちになっている

そんな流れになるのではないかね?

 

自分らしさ=その人の価値観

だからこそ、正解など全くない。

でも、ルールがあるとしたら

価値観=誰かを必ず幸せにする

 

 

これから益々、人工知能は発展し

僕たちの働き方、生き方は変わってくる。

ひょっとすると、外見だけでは

ロボットなのか人間なのか?

全く区別がつかない未来が待ってるかもしれない。

 

人間が人間である意味・存在が求められる

人間とは何か?

僕の現時点での考えは

直感に従い、幸せになる方を絶えず選択し続ける

心の在り方次第で簡単に

幸せにも不幸にもなれる

 

ずっとずっと幸せな感情を持ち続けるのはできないかもしれない。

でも、78:22の割合で、幸せでありたい。

 

そして常に

「私は幸せになるようになっているんだ」

人生の過程を楽しみたいと思う。

 

コメントは受け付けていません。