<クオンタムジャンプCLUB>1000年間影響を与える歴史的快挙を実現するために

まぁいま死んでも悔いはない。

やることはやった。

そして、たいていのことはできたので悔いはなし。

だからこそ、次の目標は

自分のエゴを超えた、エヴァ

つまりは、五次元上昇をするために、

普通の人では絶対にやらないと

思うことだけをやりたいと思う。

死ぬ覚悟はできている。

明日、死んでも大丈夫。

死ぬことに恐怖はない。

また、仮に殺されそうになることがあったとしても、

1000%許したい。

命を狙われ
いじめられようと
裏切られようと
盗まれようと
嫌なことをされようと
嫌われようと
損失しようが
苦しもうが
辛い目にあおうが
刺されようが
どんな悪いことがあっても

覚悟が決まっているので、

微動だにもしない。

僕はやりたいことは1つ。

1000年間影響を与える歴史的快挙のみに

フォーカスを注ぎ、

自分個人の人生を殺そうと思う。

黒川哲夫の人生はもう完全完璧に捨てた。

僕の人生はいらん。

あなたに全部捧げたいと思う。

僕の命、人生、そして、個人の自由を捨てて、

ただ、1つの使命。

つまりは、

全世界中を究極の完全完璧ともいえる幸福楽土にするために、

JAPAN AS NO1を復活し、

日本人の龍を目覚めさせ、月の民と共に、

世界を灯台で照らしながら、

地球が始まって以来、未だかつてなかったことやるだけ。

お金は欲しい。

結果も欲しい。

愛も欲しいし、幸福も欲しい。

そんな気持ちは

あなたと同じ人間だもん、

当然ある。

あなたと同じように、

いつも大変だし、

いつも難問と闘争し、

いつも孤独さ。

サポートしてくれる人はいても

最後は自分、

結局最後は自分で戦っている。

人間の本質はあなたと全く変わらない。

毎日、自分と勝負して

お金
結果

幸福

の理想の実現に向けて、僕も頑張ってる。

ただ、お金と結果だけでは、

僕は、真の満足はできないってこと。

なぜならば、

お金と結果は、今世だけの問題であり、

結果はいつか古くなり、

お金はある程度、必要品をすべて購入してみると、

買うものが、どんどんなくなっていくから。

1つのカテゴリーにつき
1つの商品があれば十分に物や情報は足りるし、
(経験済み)

食事も、旅行なども適度な量を超えると
自分の健康を害したり、
自分の気分を害する恐れさえあり、
逆に病気になったりする。(経験済み)

だからこそ、

お金を大切にする価値観を普通に持っている人であれば、

価値のないものには、お金を投資しないのは当然で、

そして、価値のあるものはいつも少ないから、

積極的に購入したいと思う商品はいつも少なく。

お金を使えば使うほど、どんどん購入したい種類が減り、

最終的には、

お金を使って得られる幸福がどんどん小さくなっていく。

これも、もう経験済み。

じゃあ、

お金にプラスして、愛や幸福があれば、

それが最幸なのかといえば、

自分のためだけの愛や幸福だけでは、

僕の魂は納得いかなかった。

これもすべて100%経験済み。

幸福だけ

というその場かぎりの感情や

相対的な幸福だけではつまらない。

そんなの僕は幸せじゃない。

愛や幸福に満たされた人生は

奥底で、何かが足りなかった。

それに、


幸福

は感情だから、

常に相対的であり、

愛や幸福は人に影響されて、

愛がなければ不幸で

幸福感がなければ、不幸だってなるけど、

これは感情だから、
見えるようで見えない、
あるようでないようなものなので、

愛や、幸福感って、少しわけわかんねーところがある。

だから

愛や、
幸福感

に振り回される人生を送りたいとは思わない。

お金
結果

幸福

を十分満足に手に入れただけでは、

なんか魂が納得いかないんだ。

二兎を追う者は一兎をも得ず

というように、

いろいろなものを求めてはいけないというならば、

1つに絞らないといけないというのならば。

僕は、

1000年に残る歴史的快挙だけを実現し、死にます。

覚悟は決まりました。

命は捨てます。

いつ死んでもいいです。

また殺されても悔いはありません。

お金持ちや
大富豪になること
資産家になることや
大社長
大実業家
上場企業の会長
グローバル企業の創業
超一流の経営者
オーナー投資家
有名人
タレント
超一流のプレーヤー

として歴史に名を刻みたいとは、僕は思いません。

ダヴィンチだって
ピカソだって
エジソンだって
マルクスだって
アインシュタインだって
エマソンだって
カーネギーだって
スティーブジョブズさえ

結局、時代が過ぎれば、
だんだんと話題性が消え、
そして、その人物の存在価値は消えていく。

きっと
MacBookも
iphoneだって
今は進化し続けて画期的な商品だけれども、
30年後にはなくなって使ってない可能性が強く
イノベーションされた商品がすぐ出てきて、
きっと、みんなそれにすぐ乗り換えるんだよね。

そんで
MacBookも
iphoneも
いつか忘れられてしまい、
過去の遺物になるときがくるはず。

レトロとか言われるときがくるんだろうな。

結局、死ねば忘れられ、
死ねば、自分の成功体験など、泡のように消える。
すぐに古いと言われる。

莫大なお金を稼ぎ
とんでもない資産を築いたとしても
稼いだお金は
相続という形で人に継承され、
どうでもいいことにたいてい使われる。

場合によっては、家族や人間関係を壊す原因にすらなる。

そして、こう思うんだよね。

あれ?なんのために稼いだんだっけって・・ね。

(これも経験済み)

自分の出したその時の功績や結果でさえ
すぐに、後輩に抜かれ、
自分のライバルとして活躍する人や
優れた人物や成功者に
簡単に、その功績を以上の結果を出されて
更新され、自分の存在が話題になることなど
すぐになくなる。

成功など、一発屋で終わるのが9割。
だから、成功し続けるためには、
一発当てた後、さらに10倍、100倍の努力では足らず
絶えることなく連続全力闘争で勝負して
ギリギリ、その地位をキープできるのが普通。

だから、
この言葉は真理だと思う。

「資産の絶対額を追うことは、意味のないこと。」

これは資産1000億円の大富豪に教わった生名言

経験者が語る本質中の本質だと思う。

だから、僕は、資産の絶対額を追うつもりはない。
意味がないから。

ビジネスの天才中の天才
時代の風雲児
ホリエモンさんが、
どこか一つ人間として、尊敬されないのは
お金や成功だけでは足りないことを物語っている。

富、そして成功、
それは副産物でしかない。
死ぬときにはもっていけないものであり、
結局、もっててもなにも起きないのだから、

仮に一生を通じて、仕事を頑張り、
莫大な富を築くことができたとしても、
すべて夢の実現や人類の幸福のために、
お金はばらまいてやろうと思う。

実際に、ただお金をもってても意味ないから。
お金はもっているだけでは、何も効果が生まれないから。
お金は投資して、さらに増やしてもっと投資するべきだから。
でないと、もっているお金は淀むから。

だから

は、もう、いいの。

仕事はこれからも全力でやるし、
いままで以上に知恵を使ってビジネスを行い
投資活動ももっとレベルアップしたい。

だけれど、

それで手にした富で、一体何がうまれるというのか?

ということを、2週間近く
ノートと向き合い、考え続けてるけれども、
富があっても、 付加価値を手にいれることしかできず
ある程度の水準にまで到達すると
どうしても、あまり変わらないという現実に
ぶつかってしまうということが容易に想像できる。

特に、急所となる本質、
そして、絶対必要となるものを手にいれてしまえば、
あとは、あんまり変わらない、
変わることがあったとしても、
大差がないという実感になり、
お金を稼ぐ、お金を使うということが、
どうでもいいような遊びになっていくような
そんな感じにしか感じられなくなる。

だからこそ、何か高級品を購入するために
仕事を頑張ろうというだけでは心から燃えることができず
やっぱり、お金という紙幣を超えた次元の世界の
魂と大きく密接不可分の真理に到達した、
究極の目標でないと、僕は燃えることができない。

だから、

僕がしたいこと。

それは、
歴史的快挙を成し遂げ
全人類70億人に影響を与え、
地球中の人、全員を極上幸福にして
僕が死んだ後も、
千年、万年、影響を与え続ける存在になること。

そういう目的が一番刺激的で楽しいし
それ以外の目標に 、心がどうしても震えない。
わくわくしない。

お金持ちになって自由になって
幸福になってちゃんちゃんじゃ面白くないし、
心がわくわくしねーのよ。
それは20代の目標としてはよかったけれど
いまは、まったくそう思えない。
わくわくしない。

富の獲得が上手な人間だけで終わってはいけない。

また、富の獲得だけに
専念した人生ほど虚しいことはないと思う。

もし、富の獲得がすべてならば、
ビルゲイツは、
いまも現役でMicrosoftのCEOをやっているはずだ。

しかし、彼はとっくの昔に引退し、
慈善事業に時間を割いている。

人類の歴史史上、いまだかつて経験したこともない
最上級かつ最幸の地球世界を実現するために

これからくる急上昇の精神革命に対して、
人間生命と宇宙の真理を貫く原理原則を人々に伝え

人の生命と、人の精神と、人の魂を、最上級にするために
人類が一番渇望し、そして、喉から手が出るほど
欲しいと思っている究極かつ絶品の価値を与えたい。

究極中の究極中の究極中の価値を与えたい。

では、

その宇宙一の価値とはなんなのか?

といえば、

それは、

やっぱり「魂」「生命」「意識」の問題にぶつかる。

哲学ともいうべき、

人間精神の奥の奥の問題になっていく。

だったら、

みんなの魂と意識の上昇のために役立つことをやるしかない。

結局、消去法で、そこに到着する。

あなたの精神的成長と、
人間としての革命的な進化のために役立つこと。

これが、僕が生きる理由にどうしてもなってしまう。

つまり、僕が生きている理由は、
あなたを金持ちにするためであり、
あなたを幸福にするためであり
あなたを自由にするためであり
あなたの魂を進化させるためのようなんだ。

だから、僕は、

あなたの奴隷となり、下僕となり、そして命を捨てよう。

あなたを金持ちにし、
あなたを幸福にし
あなたを自由にし、
あなたの魂を進化させるために役立つ

事業
会社
投資
商品

を実現するために、

すべてのエネルギーと命を注いで、
創造し、あなたに与えたいと思う。

もう僕が豊かになっても、大差はなく、感動も少ない。
稼いだ金は、結局、ドラえもんというロボット会社の開発
創業資金に消えてしまうだけであり、
いろいろやってみても、目新しいというよりは、
ふーんっていうかんじで、
経験が一つずつ増えてるだけであんまり感動はない。
いまはもうそんな感じしかしない。

まだまだ経験が浅いかもしれないので、
個人でなにかはちゃめちゃ遊んだり、いろいろ購入したり
もっと全世界中、旅行してみたり、
もっと 一流品・超高級品を手にしたいと思うけれど、
多分、経験してみてるからわかるけれど、
そんなに感動しないだろうと思う。

だから、僕は、ビートたけしが死のうと思った
っていう意味が、めちゃくちゃわかる。
(痛点がなかったら、俺は死んでたとのラジオあり)

人間で生きる目的、生きる意味、生きる理由がないと、
死んじゃおうかなって思うよね、わかる。

お金をむちゃくちゃ稼いで
日本一有名なお笑い芸能人となり
若くして日本の偉人として歴史に残り、
そのお金を面白いほどはっちゃめちゃに使ってみた男であり
世のすべての美女と遊び、
この世にあるすべての車を手にして
普通の人が絶対に住めないような大豪邸に住み
世界一と言われるすべてのものを購入し、
お笑い芸人や、事務所の所長としては当然のこと
映画監督としてもニュースキャスターとしても
テレビプロデューサーとしても、司会者としても、
ハリウッドスターとしても、
すべてにおいて一流の次元を達成した
ビートたけしだから、

死にたい、って思った一言は重い。

彼はすべてを手にいれ、すべてをほしいままにしたからこそ、
次にやるべきことがわからなくなって死にたくなったと言った
そんな気持ちがよくわかる。

XJAPANのHIDEも、すべてを手に入れて
この世に飽きて、死んでしまったのかもしれないな。

人間全部手に入れたら、あとは、死ぬだけ。

だから、常に上の目標を見つけ
その目標に向けて挑戦し続ける人生でなくてはいけない。

そして、その上の目標とは
金額的数値で表現してもいいけれど、
それでは、人生を間違える恐れがあり、
常に、「自分の成長」に軸をおくべき。

僕にとって、生存を続けるためには、

ーーー

千年、万年に影響のある歴史的快挙を成し遂げて
地球上を千倍万倍幸福にして未曾有の極上楽土を建設して、
死ぬことを目標にしたいと思う。

ーーー

そして、

すべての時間を、1000%人のために仕事して、
稼いだ富を、ぶん投げるように人の幸福のために投資し、

そんで

ぽっくり逝きますわ。

1つ

たった1つ。

宇宙を貫く、究極の、Nonly1を創造して、死にますわ。

それが、

僕の人生の設計図であり、

僕の未来予想図です。

この地球上のすべてを最上級の価値にするために。

命捨てて
やってやり抜いて
みんなに極上幸福を与えて
ぽっくり逝きやす。

それが、僕の生きている今の目的です。

あなたは、どうですか?

だから、僕は今日から死ぬ気で働き、

今年の終わり、12月31日まで

1日も休むことなく、戦い続けます。

ギリギリの必死のパッチで。

いや、むしろ、死ぬかもしれんと思うスレスレまで。

もうだめだ・・・と倒れるまで。

黒川哲夫

追伸

僕が君にできること。

僕があなたにできること。

それは、僕が10年かけて得たすべてと
自分のお金を投資して得たすべてを

あなたにプレゼントすること。

特に2016年に何百万と投資して得た
僕のクオンタムジャンプするための

秘密道具をあなたに全部共有すること。

それが、僕が君にできること。
僕があなたにできることだと思う。

だから、

2017年を一緒にクオンタムジャンプするために
僕のすべてを詰め込んだ、僕の何百万円の投資をつぎ込んだ

このクオンタムジャンプするための
秘密兵器をあなたに届けたい。

その名前は、

クオンタムジャンプCLUB
^^^^^^^^^^^^

1月からスタートし、12ヶ月でクオンタムジャンプするための

最初で最後の、たった1回限りのチャンス。

もしかしたら、あなたはお金が足らないかもしれない。
クオンタムジャンプするための準備ができなかったかもしれない。

ひとりぼっちで、さみしかがっているかもしれない。

これからどうしようと不安かもしれない。

未来に対して絶望を、生活に恐怖を感じているかもしれない。

だから、

僕が、君に、あなたにできることとして、

僕が死ぬ覚悟で臨むから、

君のために僕ができることやらせてくれ。

だから、まだ、あきらめないでほしい。

希望はある。
復活もあるし、
最後の大波を乗り越えることはできる。

不幸は続かない。
必ず幸福に。
そして、勝利がやってくる。
最幸にいい未来はやってくる。

自分を信じてほしい。
そして日本人を信じてほしい。

あなたは必ず、クオンタムジャンプできると、

僕は確信している。

この話を聞いて、

僕と一緒にクオンタムジャンプしたい人は、

メールしてほしい
support@nonly1.com

特別に、メールしてくれた人だけを超優遇したい。

コメントは受け付けていません。