<ステップ2>Nonly1プロデュースマニュアル

Nonly1・・・(ノンリーワン)

自分らしく、自分にしかできない、最も珍しく、最も新しいポジション、そしてやり方を見つけること

これがNonly1の最初の一歩。

では、二歩目は・・?

・・・

そもそも、日本では、みんなと一緒でいることが善とされる。

でも、宇宙の原理原則をみれば、それは間違いだとわかる。

りんご、バナナ、イチゴ。

トマト、レタス、キャベツ。

種を植えて、育てるという仕組みは同じだけれども、種が違うので、

果実や、育った先の野菜は、まったく違うものとなる。

世の中のすべての人が医者や法律家だったら、この仕事は成り立たないし、

人生というのは、みんなバラバラに職業をやっているから成り立つ。

同じ顔の人もいないし、完璧に同じ人なんて絶対にいない。

みんな違う。

みんな個性がある。

みんなそれぞれの違う価値観を持ち、使命をもって生きている。

それにもかかわらず、日本では均一がさもいいように教育されてきた。

そもそも、この均一教育ということが、宇宙の根本原則から、逸脱している。

均一なんてない。

宇宙は常にバラバラで、

きゅうりだって、天然のものはみんな曲がっているし、

形も同じじゃない・・

全員違う、一人一人違うやり方があって、成功法則だって全員違う。

原理原則という共通点は、あっても、各論は全員変わってくる。

これを

「バラバラの法則」

という。

もし、あなたが思うような結果を得られていないのだとしたら、

それは、一般的かつ社会的常識に縛られているからだと思う。

常識というのは、人間が勝手につくった規範でしかない。

常識が正解なんていうことはないし、むしろ常識が間違いになることもある。

だから大事なのは、自分の心で感じ、自分の気持ちに素直になること。

Nonly1とは、一般常識という枠組みではなく、

自分ならではの個性という視点で考えることが大事なんだ。

医者が偉くて、コンビニエンスストアのアルバイトの地位は低い。

そんなことあるわけない。両方大切な仕事だ。

ただ、提供している価値が、医者のほうが大きいので、収入は大きくなる。

それは、医者になるための勉強という苦労と、

医者になってからの、治療という苦労があるのだから、

それに見合ったお金をもらって当然というわけだ。

医者は、簡単な仕事じゃない。法律家も、タレントも、経営者もだ。

だから大事なのは、

「成功法則」に走るなってことだ。

成功法則は、7つの習慣や、思考は現実化する、人と動かすだけで十分。

それ以上は追う必要はないと僕は思う。

それよりも、大事なのは、あなたのNonly1ポイントだ。

あなたらしく、あなたにしかできない、天命使命の役割のほうが大事だ。

全員同じ職業をしているわけじゃないし、

同じ会社内でも、役割は全員違うはずだ。

ということは、自分だけの、自分に課せられた使命をまっとうすること。

これに集中フォーカスして、その役割を果たすことのほうが大事なんだ。

確かに、お金があったほうが、人生は豊かかもしれないし、

人生の半分はお金によって決まると言われればその通りかもしれない。

でも、お金は、もっていても、使わないとなにも生まれないし、

お金の使い方を間違えると、人生は不幸になるだけなんだ。

だから、お金があるから、幸せとか、お金があるから、偉いとかはおかしい。

特に、お金のために、無理な仕事や、人を幸福にしない商売をすることは、

一番まずい・・

それを拝金主義という。

拝金主義の先は、孤独と、虚しさと、虚無だけだ。

お金は大事だけれども、もっと重要なのは、Nonly1の仕事を一生涯続けること。

お金にならなくても、理念や、使命感をもって、その仕事を成すことだ。

経営者である、孫正義さんの年収は、株式配当金を含めて約90数億円と言われている。資産も数兆円とある。

数字だけをみれば、間違いなく日本一の経営者と言える。

日本の内閣総理大臣の年収は、約5000万円と言われている。

年収90数億円の経営者・・

そして、日本の国家運営の命運を握る内閣総理大臣は

年収5000万。

じゃあ、内閣総理大臣は、価値がなくて、

孫さんのほうが、価値が上なのか?

というと、そんなこと絶対にない。というのと同じで、

人間の価値は、お金の金額では決まらない。

その人のNonly1の仕事をまっとうしているかどうかのほうが重要なんだ。

そりゃ~経営者としてたくさんの資金を稼ぐ、孫さんはすごい。

天才経営者であり、日本を動かすBIG経営者だ。

でも、だからといって、偉いとか、一番だとは言えない。

そういう問題じゃない。

仕事というのは、それぞれの役割に応じて、みんなやっていることなんだから、金額や地位や、名誉で決めつけてはいけないんだ。

特に、一流企業に入っているから。

経営者、投資家だから。

タレントだから。

という、収入の多い仕事だから的な観点で話すことはおかしい。

本当に大切なことは、あなたが心から納得し、心から喜べる仕事をすることだ。

その仕事で、Nonly1の成果を出すことのほうが重要なんだ。

No1のポジションは一人しかない。

金メダル、は、1枚しかないんだ。

でも、Nonly1という天命使命の役割を果たすことは全員できる。

そして、僕は、このNonly1の天命使命を果たす人が最高の成幸者だと確信する。

経営者だから偉い、投資家だから偉い、資産家だから偉い、有名人だから偉い。

それはない、と断言したい。

Nonly1の天命使命を果たしている人。
^^^^^^^^^^^^^^^^^

しかも、一生涯、引退することなく燃える願望をもって戦い続ける人。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

この人こそが、本物なんだ。

そういう人は、誇示したり、偉ぶったり、自慢したりはしない。

常に、謙虚で、誠実な振る舞いを貫き、人を大切にする。

そして、絶対に偏見の目で、人を否定し、差別することもなく、

人の気持ちの奥の奥を見ることができる。

こういう本物の人がこれからは勝利者となっていく時代だし、

そして、あなたも、お金のために嫌いな仕事をしている時代じゃない。

人生は、仕事であり、その仕事を通じて、お金を稼ぐのは、

生活するためにも、また、生きていく上でもとても大切なことだと思う。

ただ、だからといって、

お金のために、また地位や名誉のために、仕事ばかりすることは無意味だ。

それは、自分の天命使命を目的とした仕事じゃなくて、

自分の自己重要感や孤独感をうめるためだけに、やっている仕事だ。

それは、浅い。

そして、薄っぺらい。

そういう仕事のスタイルは、人には共感されないし、憧れもしないし、

結局、尊敬されることもない。

今の時代にもっとも大切なことは、

Nonly1の仕事をする中で、Nonly1の成果を出すことだ。

あなたにしかできない、あたらしい仕事スタイルで、成幸すること。

そのほうが美しいし、楽しそうだし、幸せそうだし、尊敬できる。

失ってはいけないものをたくさん失ってまで、社会的に成功する時代じゃない。

今は、バランスや中庸を大切にする時代。

インターネットの通信レバレッジをつかってビジネスしたり、

スマホで簡単にコミュニケーションをとれる時代なんだから、

仕事だって選べるはずだし、0円で起業できる時代なんだから。

だから、これから、もっとも大切なのは、「哲学」だ。

働き方じゃなくて、「生き方」だ。

どのように生きたいのか?という哲学の柱があって、

その価値観にそって、自分のライフプランを形成していくという賢さだ。

簡単・・・という言葉に流れ、振り回されちゃいけない。

正しく価値を積み上げ、そして、高い価値のある商品を販売していく。

できるかぎり、入念に検討し、詰め込んだ価値のあるものを売っていく。

そういうあり方じゃないと、信頼を構築することは難しいし、

本当の意味での、永続的な成功もない。

Nonly1とは、天命使命を見つけて、その使命に応じた仕事をやること。

そして、そのNonly1の仕事の中で、一番の成果を出すということ。

その結果、在宅ノマドで年収1000万円の結果を出したり、

結果的に億以上の売り上げが出ること。

僕は、それが成幸じゃないかと思うし、自分の天命使命に従っていない仕事で、

無理やりお金のために働いている人や、

自分のブランディングを維持するために、嘘ついている人を尊敬できない。

成功は、価値に応じてしかついてこない。

自分の能力や、技の価値が低いのであれば、成功なんてできるわけがない。

成功するということは、高い価値を生み出すということ。

人ができないレベルの、一番高い価値を生み出して成功が生まれる。

だから、成功は簡単じゃないし、簡単にうまくいくことが成功なわけない。

簡単にうまくいったものは、すぐに崩れるし、本物じゃない。

数十億の売り上げを出しているのに、上場できない企業も本物じゃないと僕は思う。

人生は、信用で成り立ち、信頼関係によって人と繋がっている。

だから、信頼残高を高めるような基本的な行為が一番大切だし、

自分の等身大を超えるような無理なことはできないのだから、

一歩ずつ、価値を積み上げていくしかない。

人生には、才能のある人がいて、すぐに結果を出す人もいる。

でも、ほとんどの人は、結果を出すのには、時間がかかるはず。

価値を積み上げるのには、自分を育てるには時間がかかるから。

でも、それは、普通のことであって、がっかりすることじゃない。

Nonly1を育てることは、時間がかかる。

本当に時間がかかる。

でも、一度育ってしまえば、その木は、お金のなる木になって、

あなたをずっと豊かにしてくれる。

信頼を積み上げるのは簡単じゃない。簡単に崩れるものだから。

でも、信用を積み重ねて、その信頼が完璧になったとき、

スピードオブトラストと言われているように、すべての交渉がはやくなる。

だから大事なことは、

人と絶対に比較しないことだ。
^^^^^^^^^^^^^

特に、東京大学、慶応大学、早稲田大学を出ているような

一流の人たちの成功を参考にしてもしょうがない。

彼らは頭がいいのだから。

凡人には、凡人にしかできない戦略があって、それをNonly1という。

エリートと真っ向から勝負しても勝てるわけがない。

脳力が違うんだから。

勉強している時間や、努力している質が違うんだから。

昔、高学歴が偉かったように、賢い人は、やっぱり成功しやすい。

だから、成功者は、やっぱり慶応や早稲田の卒業生が多い。

現場で、プロデュースすればするほど、それは感じる。

成功者は、地頭がいい。

そして、賢い人は、賢い行動ができるので、やっぱり成功する人が多い。

努力し、勉強し、訓練している人はやっぱり違うんだ。

でも、そういうすごい脳力の高い人を尊敬するのはいいけれども、

あなたが、そういう成功者のみなさんと比較して、自分をがっかりする必要はないんだ。

あなたには、自分らしく、自分にしかできない天命使命が必ずある。

そして、どこか、かならず必要としてくれるところがある。

だから、他人の成功法則や、成功事例を、猿まねする必要はないし、

あなたらしく、あなたにしかできない、独自のやり方を追求していけばいい。

それが時には、マネタイズにつながらなくても、またすぐに成功しなくてもいいんだ。

アンパンマンの著者のように、遅咲きだけれども、歴史的偉業を成し遂げる人もいるんだから。

アンパンマンの著者は、94歳で死去。

2013年に亡くなりました。

年収はアンパンマンで2億7000万、資産は50億円もあったそうです。

アンパンマンを出したのは、54歳のとき。

54歳からスタートして、約40年で、あの歴史に残るアニメをつくったわけです。

人生、いつなにがあるかわかりません。

だから大事なことは、自分の天命使命をまっとうすること。

売れている、売れていないに関わらず、歴史に残るような偉業をなすこと。

これがもっとも大切だと僕は思います。

お金持ちの人は、たくさんいます。

僕も比較的たくさんの投資家さんとお付き合いさせていただいた方なので、

本当にお金持っている余裕のある人はたくさんいます。

不動産や、株、そのた金融商品や、ビジネスオーナーとして成功する人は多い。

でも、だからといって、そういう投資家のみなさんが、歴史の名を残すような偉業をなしているのか?

というと、そうでもありません。

お金があるから偉いとか、すごいとか、成功者とかじゃないんです。

Nonly1の生き方をしているかどうかです。

そして、その分野の第一人者として、一生涯活躍をしているかどうかです。

僕はここで人を見ていますし、真に偉大な人は、みんなそうだと思います。

なので、あなたのやっている仕事にぜひ自信をもってほしいんです。

収入とか、地位とか、そういうこと言わないでほしいんです。

あなたがやっている仕事で、救われている人もいるんですから。

だから、自分のことを過小評価してほしくないです。

どんな仕事だって尊いです。

そして、この世に必要な仕事です。

大事なのは、どの仕事でもいいんですけれども、その仕事でNonly1になることです。

どんな業界の仕事でも構いません。

どんなあり方の仕事スタイルでもいいです。

大事なことは、Nonly1であること。

そして、その業界で仕事するのだったら、No1を目指そうよということです。

仕事することは社会に役立つことであり、人に仕えることは素晴らしいことだと僕は思います。

お金が稼ぎやすいからという理由で、よくわからない仕事に、飛びつくのはやめましょう。

その先に、成功はありませんよ。

自分が楽しいから、自分が好きだから、自分がやりたいから、自分の天命使命だから・・・という理由で、その業界に入り込み、最高の情熱と、燃えるような願望で、その仕事にのぞんでほしいんです。

そうやってやりがい、と生きがいをもって仕事をしたときに、

僕はその仕事で、必ず大きな成果が得られると信じています。

成功は、一時期の花火ではいけません。

成功は、永続的に続いて、最後の最後まで続いて本当の成功です。

だから信用が重要なんですよね。

人生は短距離走ではありません。長距離走です。

引退なんてありませんし、仕事こそが生きがいであるべきだと思います。

Nonly1とは、あなたが大好きで大好きで熱中、夢中になっちゃうような仕事で

大成功するための技法です。

嫌な仕事ではなく、好きすぎて、24時間寝ずにやっても楽しすぎて、

もっとやりたい!!!と叫びたくなるような仕事のことなんです。

仕事そのものが道楽というか、

遊びと仕事の境界線がないようなもの。

こういうのを「遊稼(ゆうか)」っていんですけれども、

こういう仕事のことです。

あなたは、本当に心の底から楽しい!!と思える、大好きな仕事していますか?

そして、大好きな仕事がちゃんとお金になっていますか?

人に感謝され、そして、多くの人から応援されるような事業になっていますか?

Nonly1とは、あなたらしくあなたにしかできない仕事で輝くことです。

在宅年1000万でいいという人もいれば、億を稼ぎたい、上場企業をつくりたい。

という人もいます。

それは価値観です。

どちらにせよ、大事なことは、天命使命の役割をまっとうすることです。

他の成功事例なんて無視することです。

あなたはあなたです。

他人は他人です。

生まれも、育ちも、脳力や才能も全然違います。

やっている職業すら違うかもしれません。

だから比較はやめてください。そして、自分に集中してください。

自分に足らない価値を見つけてください。

それが、Nonly1の2ステップ目です。

今日の課題は、

「あなたの足らない価値はなんだと思いますか?」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

という質問です。

人間は、進化向上するために生きています。

どんなに素晴らしい人でも足らない価値はあります。

できないことや、苦手なことがあります。

弱い自分や、魂が成長できていない部分があります。

そういう自分の足らない、至らない価値を探してみてください。

また逆に、自分にしかもっていない価値、

つまりは、強みや自慢できること、才能や、誇れることも考えてみてください。

できるマネージャーは、人の強みを伸ばすといいます。

どんな人にも必ず欠点があるからです。

そして失敗があるからです。

確認しますね。

「あなたの足らない価値はなんだと思いますか?」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

この質問に対する回答を

support@nonly1.com

まで、名前を書いてメールで送ってください。
(できればあなたの最近の悩みもつけてお届けください。)

足らない価値を埋める方法、一緒に考えましょう。

まってます。

黒川哲夫

※心を込めるために、こう書きました。文章が丁寧でないこと、お許しください。

いつも本当にありがとうございます。

追伸

復習ステップ2:http://mallow-ex.jp/Lr325/11751

追伸2

通勤途中に簡単にスマホワークできたらいいな?って思ったことがありますか?

いまスマホワークの研究をしています。

簡単スマホワーク研究所ー登録無料ー
http://mallow-ex.jp/Lr325/21751

もし、スマホで手軽にできるワークに興味のある人は

ぜひ、スマホで起業するスキームを完成させるためにご協力おねがいします。

発行者:黒川哲夫(くろかわてつお)
http://mallow-ex.jp/Lr325/31751

プロフィール:
http://mallow-ex.jp/Lr325/41751

職業:Nonly1プロデューサー(9年目)
Nonly1とは、No1とOnly1を組み合わせた
NEW1(最新創造)をするプロデュースです。

個人事業主×個人投資家×個人発明家

心と感情(感謝と愛情)のソウルライター

 

コメントは受け付けていません。