ごごごごごごごごご・・・・今、始まる。。

「この記事をちゃんと読んでくれた方に、プレゼントをご用意しました^^」

詳しくは編集後記で・・・by黒川哲夫

◆諸君よ、いざ狂いたまえ!!!

日本、いや世界を変えるのは狂うことのできるものだけなんだ!!!

マリアです。

「狂う」
その言葉を聞いただけで、

あなたはぱっとどんなことをイメージしましたか?

もしかしたら、

●頭がおかしい
●正気ではない
●我を忘れる
●世間とずれている

などあまりいいイメージをしなかった人がほとんどだと思います。

実は、大好きなあなたにとことん狂って
ほしくてこのメールを書いています。

「えっ??狂う??」

「そう狂って??」

もちろん、ふざけてはいません。

この「狂う」ことがとれだけ重要なのか!

むかし、狂っていたことで有名なある一人の歴史上人物の話をしながら、

お伝えしたいと思います。

あの、幕末動乱期、
後に明治維新を打ち立てることになる
多数の門下生を輩出したことで有名な
「松下村塾の師「吉田松陰」を知っていますか?

もしすでにして、「狂」という字を見ただけで

吉田松陰が連想されていたならすごいです!

彼は、弟子たちに
「狂うことの大切さ」を教えていたと言われているんです。

短い生涯を自ら激しく燃やし、
その情熱で周囲の人たちの心を揺り動かしていきました。

そもそも「狂う」とは一体どういうことなのか。

そこには現状を打破し
突き進むためのヒントが隠されていたんですね。

自らを「狂遇」と名乗った松陰。
(「狂愚」とは現実の常識にとらわれないで、
自分の信念に従い行動することを意味しますが、)

その名の通り、彼は若い時から

いろんなありえないことをやらかしてきました。

ある時、松陰は親しき友人と
東北へ学ぶために旅行の計画を立てていました。

しかし、なかなか藩からの
許可がなかなかおりなかった松陰は、
一緒に行く友人との約束の日を守ることを優先し脱藩します。

当時の脱藩といえば、見つかれば「死罪」です。

これだけでもどれだけ危険なことをおかしてまで
友人の約束を守っているかが分かります。

命をかけてまで、友情を守り抜くという意味では、
熱い男ともいえなくはないかもしれないですが。

そして黒船の姿が現れたあの当時、
松陰は安政元年の1854年3月、
弟子の金子重之輔(重輔・かねこしげのすけ)とともに、
再来したペリー艦隊の黒船に密航を企てます。

特に周到な計画も立てずに、
盗んだ小舟でアメリカ艦隊に横づけし、
黒船のデッキに乗り込んでしまうのです。

当然追い返されたそうですが、
あまりにも無茶な行動だったと誰もが思ったでしょう。

でもそれぐらい思い立ったらすぐに行動してしまう、
「行動力」のある人だったということです。

ただ、こんな危なっかしい行動ばかり繰り返しているので、
実は松蔭、生涯で何回も牢獄に入れられており、
最終的には前科5犯の人物だったってこと、知っていましたか??
なんと恐るべし松陰・・・。

それでも入獄中は、
勉学の好機として驚くほど多くの本を読み、
自分でも原稿を書くなどして、
さらに松下村塾を継承して多くの青少年を教えていたようです。

そんな目に余る松陰の過激っぷりに、
松下村塾の弟子たちの心配は尽きず・・・。

心配はいよいよピークをこえ、

「先生ちょっと落ち着け〜っ!!」とばかりに
血判状まで出して諭すのですが・・・

そんな心暖かい弟子が生ぬるいと映ったのか、
松陰は激しく怒って興奮!!
弟子との絶交を決意します。

師匠が大好きだったからこそ、心配を重ねる日々の弟子たち。
松陰に何かあってからでは遅いと、
常にドギマギし
心落ち着かせることすらできなかったはずです。

それなのに、
その心配に感謝の気持ちを表すどころか、激怒し絶交なんて、
私だったらいくらなんでもそこまではしませんけどね。笑

そんな松陰の最後、

あなたはどうなったのか、気になりませんか??

は松陰、
なんと最後は首を斬られる結末になってしまいます。

「あ〜哀れな結末・・・。」

そう思いますよね?

いやいや〜、彼はやっぱり違いました。

首を斬られる刹那の松陰の態度は、
実にあっぱれなものだったと言われています。

悠々とした態度で、
一歩一歩と足を進ませながら、役人どもに会釈をし、
“御苦労様”と言って端座したそうです。

その一糸乱れざる堂々たる態度は、
幕吏も深く感嘆させられたとか。

最後の最後まで自分の意志を貫き通した生き方に
松陰自身がとても誇りに思えていた証ではないでしょうか。

彼から学ぶべきところとは、

「狂うこと」であり、
それはクレイジーという意味ではなく、
本来は「自分で持て余してしまうような情熱」を指します。

現状に満足することなく、
常識という壁をいつも自らの行動で壊してきた信念と情熱は、
特にこれからの時代を担う私たちにとっては絶対に必要不可欠です!

あの高杉晋作も、吉田松陰の精神を受け継いだ弟子の一人!

松陰自ら弟子の縁を切ろうとも、
それでも精神を受け継ぐ弟子を生んだのですから、
やはり吉田松陰は本物だと私は感じます。

常識にとらわれる人生では大きな事は成し遂げられない。

だからこそ、
狂ったような気持ちで自分の信じる道を貫く生き方が私はしたい…。

改めて吉田松陰の生き方を知ってみて

また松陰に対する見方、感じ方が変わったのではないでしょうか^ ^

1年もあと残すところ半分です。

吉田松陰のようにいざ、狂って狂って狂いまくりましょう〜??

日本、いや世界を変えるのはあなたです??

マリア

追伸

歴史を振り返ってみると、

歴史上の人物は、

常識を覆す行動を自主的に行っていることが分かります。

誰もできないことをやってみせるからこそ、

英雄であり、生きた証を今もなお残し続けているのです。

個人的には同じ女性として、

フランスの一国を救ったジャンヌダルクが大好きなんですが、

あの若さ、そして同じ女性として
男装をしてまで最後まで愛する母国のために
闘いきった彼女の精神は
本当に永遠に見習っていくべきだと感じています。

実際にフランスに足を運んだ時、

道路の真ん中にジャンヌダルクの銅像が置かれており、

今でも彼女の精神はフランスと共に生きているんだと感じました。

どうせ生きるなら、

生きた証を残せる人生を送りたい。

どうせ生きるなら、

1人でも多くの人に気づきや感動を与えられる人になりたい。

そしてどうせ生きるなら、

誰もできないような大きな事に挑戦しきって

悔いのない人生、大勝利の人生を飾りたい。

今特に夢のない人や、

信念、情熱さえもない人が増えてしまっています。

だからこそ、本当に吉田松陰のような
情熱を持て余すぐらいの人が必要なんです。

今こそ、

まさに、あなたの信念と情熱が必要です。

私たちは心から待っています。

そしていつも心から応援しております。

いつもまだまだ未熟な私の文章を読んで頂き、本当にありがとうございます^ ^

感謝しています!

マリア

メルマガの登録はこちらから(心の強化法)
http://nonly1.com/kokoronokyoukahou.html

————————————————–
書き手:友舞(マリア・ゆまちゃん)
http://mallow-ex.jp/Lbl44/171

職業:
筆談コピーライター
ディープ共感カウンセラー
心の強化コーチ
ゴロ寝ベットクリエイター
ミッドナイトギャンブラー
男性育成プロデューサー
感謝と愛情のマーケター

個人事業主×ギャンブル投資家×歌手

信念・共感・美の専門家

————————————————–

ども、クリアっす。

今回のテーマは、

【今考えてるそれ、ぜ〜んぶ思い込みですよ】
思い込みという支配から抜け出し
完全自由になる方法

です。

http://tramp-ex.jp/L7262/bj1/1401

時間のない方はこちら

→ http://tramp-ex.jp/L7262/bj1/2401

人は知らないうちに、
自分で書いた脚本どおり生きているそうです。

しかも、その99%が
自分の思い込みなのだそう。

自分が今正しいと思っていることも思い込み、
今間違っていると思っていることも
思い込みなのです。

前向きな思い込みはそのままでも良いとして、
もしそれが望まない脚本であるなら、
自分自身でその脚本自体を書き直さなければ
変えられないというのです。

人には「9種類の悪い思い込みのパターン」
というものがあるそうで、そのパターンから
抜け出せない限り、延々悪い思い込みに
支配されてしまう人生になるというのです。

その9つの思い込みを正しい方向へ
書き換えることができれば、その支配から脱出でき、
自由になれるということになります。

では、早速、その思い込みの支配からの
抜け出し方を簡単にまとめましたので
順に見ていきましょう。

【1. 白黒思考・完全主義の克服】

目標や課題に対して自分の理想通りに達成できなかった時、
自分を責めたり、否定してしまう完璧主義者のことです。

このような人は、物事を白か黒か、イエスかノーか
で捉え、その過程だったり中間を見ません。
自分にも厳しく、他人にも厳しいタイプです。

このタイプへの解決策は、
一言でいうなら、もっと物事を楽に
前向きに考えるということです。

人生ひとつひとつのチャレンジが
うまく行かなかったら終わり
なんてことはありません。

失敗を学びと捉え、
次のチャレンジに活かせば良いのです。

そもそも一回で大成功する人などいないですし、
本当の強さは失敗や逆境でこそ学べるのです。

逆に失敗を経験していない人ほど
怖いものはありません。

それはまさにブレーキのない
暴走列車と同じです。

失敗してもいいんだということ、
小さな失敗を沢山重ねて学び、
結果、大きな成功へ繋げるということが大事です。

【2. 過度な一般化の克服】

数回しか体験していないのに
諦めてしまうタイプです。

このタイプには、
自分よりもっとダメな人でも上手くいっている
成功事例を見付けるのが良いです。

例えば、自分よりブサイクでもモテている事例。
自分より、失敗していた人が大成功した事例。
過去の偉人の絶望からの成功事例など。

あの人も実はそんな経験をしていたのかと
知ることで、自分の経験や失敗の小ささに気付き、
自信が付くのです。

【3. マイナス化思考の克服】

ものごとの悪い面ばかりに目が行ってしまう人です。

その解決策は、
「今の自分の考えのメリットと
デメリットの両方を考えること」です。

どんなことにも
必ず表と裏、プラスとマイナスの
2面性があるものです。

マイナス方向からだけではなく
プラスの見方もしてみるのです。

もうひとつは、
「今のありのままを受け入れること」です。

良くも悪くも捉えない
客観的な考えを持つことです。

やり方としては、
現在の状態をノートに全て書き出すと
自分を客観的に素直に受け入れられます。

【4. 結論の飛躍の克服】

話を飛躍させ、どんどん悪い方向に考えてしまう人です。

その解決策は、
まず「事実を把握すること」です。

殆どの場合は、自分の取り越し苦労で
ある場合が多いのです。

これ以上、悪い方向へ
話を大きくしないことが大事です。

【5. 拡大視と過小評価の克服】

小さな失敗を大袈裟に捉えてしまう、
また自分の成功も大きく評価しない人です。

その解決策は、自分自身で、
自分のミスがどんなものなのか、
自分の成功がどの程度のものなのかを、
冷静に評価することです。

ものごとを公平に、もう一段階
上の視点から客観的に見ることが大事です。

【6. 感情的決めつけの克服】

自分の感情の視点で、いいか
悪いかを決めつけてしまう人です。

その解決策は、
感情的になると我を見失うので、
まずは深呼吸をして落ち着くことです。

「自分は好きではないけれど、いいところもある」
と、自分だけの物差しで判断するのをやめ、
自分以外の視点で考えてみるのです。

他の選択肢や可能性を考えてみると、
案外すごいことだということに
気付くかもしれません。

「ものごとに絶対や完全はないのだ」
ということを知りましょう。

【7. すべき思考の克服】

「〜すべき」という考えをいつも持っている人です。

その解決策は、
「〜すべき」という思考が浮かんだら、
「本当に?」と疑問を自分にぶつけてみることです。

世の中に「絶対」なんてないし、思い通りに
なることの方が少ないことを知ることで、
フッと楽になります。

【8. レッテル貼りの克服】

自分にも他人にも色々なレッテル
(一方的な評価)を貼ってしまう人です。

その解決策は、
他人に対して、もっと様々な表面から
見てみることです。
自分に対しては、今のその考え自体が
レッテルであることを認識するのです。

そうすることで、
自分も他人もあらゆる可能性に溢れている
ことに気付きます。

【9. 自己関連づけの克服】

あらゆる否定的な出来事、よくない出来事を
全て自分のせいだとしてしまう人です。

その解決策は、
今よりもっと広い視点を持つことで、
自分が悪い出来事の中心にいないと
いうことを認識します。

どんなことでも100%自分のせいということはない、
起こるべくして起こった
出来事なのだということを知りましょう。

大事なのは、一方向だけではなく
思考の選択肢を増やすことです。

■9つの思い込みの克服のまとめ

実は、この9つの思い込みを生み出すきっかけになったのは
7歳までの自分の親の育て方、「◯◯やってはダメ」
という親からの禁止令などによって無意識のうちに
書かされた「人生脚本」。

「9つの思考のゆがみ」の共通点は
「良くない一方向しか見ていない」ということ。

完全思考をやめ、日常的に多角的な視点を
持つ癖を持つことで思い込みから開放される。

もし多角的に見る習慣がないのなら
物事を多角的に観察し、それを
「感謝してみる習慣」を持ったらどうだろうか。

そうすると、今まで気付かなかった自分に反省するとともに
世の中、感謝することだらけだということに気付く。

そうすることで、多角的視点が身につくと
同時に、いつも幸せな気分に満たされる。

不安や争い事やストレスが無くなり、
肩の力が抜け、病気もしなくなり
独創的な自由な発想が生まれるのだ。

多角的観点、
重要なんですね〜(・∀・)!

クリア

メルマガの登録はこちらから
http://sail-ex.jp/fx7262/12

————————————————————-
書き手:クリア

http://12suh.jp/

職業:
感情クリアリングマスター
潜在意識の錬金術音楽家
マインドマッパー
マーケティングディレクター
サイトデザイナー
————————————————————-

◆【成功者がひた隠しにする、セールスレターの書き方講座Vol.1】

いつもありがとうございます!

あっくんです。

今日から、あなたへ
「成功者がひた隠しにする、セールスレターの書き方講座」を
お送りしていきたいと思います。

「セールスレターの書き方」といっても、
ブログ、サイト、ランディングページ、
SNSと何にでも使えるスキルになるので、
ぜひ、活用していただければ嬉しいです!

ライティングスキルを高めていけば、
いろいろな自由を手にすることができます。

「時間的自由」

「場所的自由」

「経済的自由」

好きな時に、好きな場所で、お金を稼ぐ
ことができるようになります!

第1回目の今日は、
「すべてのセールスは型がある」
ということで、
ライティングの作成工程をお話したいと思います。

■——————————————————■

■セールスレターの作成工程

■——————————————————■

1:リサーチ

2:アイディア・企画

3:設計図(ストーリーボード)

4:ライティング作業

5:編集作業

——————————————————

あなたは、この工程のなかで、
何が重要だと思いますか?

答えは、

リサーチとアイディア・企画です!

この2つこそがキモで、
全体の8割をつぎ込む作業となります!

書くことより重要な作業ということです!!

なぜこの2つをしっかりとやらなければならないのかというと、
後の書く作業がとても楽になるからです。

すごく大雑把に言ってしまいましたが、
これらをしっかりやらないと、
売れるセールスレターが書けないのです。

リサーチするものは、

●お客様(見込み客含む)

●商品

●市場(競合)

と、3つあります。

アイディア・企画には、

●ポジショニング

●アプローチ方法

●ビッグアイデア

とこちらも3つあります。

今回は、簡単な紹介のみで終わりますが、
つぎから詳しくお話していくので、
それまで楽しみにお待ちください!

■今回のまとめ

●セールスレターには、
作業工程がある

●作業工程は、
リサーチ ⇒ アイディア・企画 ⇒ 設計図(ストーリーボード)
⇒ ライティング ⇒ 編集

●作業工程の中でも、
『リサーチ』と『アイディア・企画』が
作業の8割を占めるほど大事!

●リサーチは、
お客様リサーチ、商品リサーチ、市場(競合)リサーチが
ある。

●アイディア・企画は、
ポジショニング、アプローチ方法、ビッグアイデアと
ある。

次回は、
「リサーチ」について、
詳しく入って行きたいと思います。

わからないこと、聞きたいことなど
がありましたら、
どんどんこちらのメールにご返信ください!

あなたのお役に立つよう、
お答えいたします。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました!!

あなたとのご縁に、
いつも感謝しております。

追伸:

【緊急募集!】

無料相談のSkypeコンサルティングをやります!!

「すぐにでもライティングスキルを上げたい!」
「アクセスが集まらない…」
「商品が売れない…」
「そもそも、コピーライティングがわからない…」
など、

無料でコンサルティングをさせていただきます!

こちらのメールに返信いただき、
【akkun541002】にコンタクトをいただきましたら、
こちらから、ご連絡させていただきます。

本当にどんなことでも結構ですので、
ぜひ、お話しましょう!

行動を起こすのは、
「今」です!!

あっくん(尾形篤)

メルマガの登録はこちら
http://mallow-ex.jp/fx/aaaaa

————————————————————-
書き手:あっくん
職業:セールスコピーライター

●「ザ・コピーライティングまとめ」
⇒ http://gift-ex.jp/L17850/d1/111

●「人間を反応させてしまう知識と言葉」
⇒ http://gift-ex.jp/L17850/d1/411

●「伝説のコピーライティング実践バイブル スワイプ集」
⇒ http://gift-ex.jp/L17850/d1/511
————————————————————-

◆「起業で世界を目指したいです」

こんにちは、マルスです。

企業で世界を目指したいという日本人に向けた記事で、
なかなかしびれるモノがあったのでご紹介します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

シンガポールにも「起業で世界を目指したいです」という
日本の若者がたくさん来る。
以前にも書いたが、今の日本人が世界的スケールの起業で成功するのは
不可能に近いと思う。

それくらい世界の現実は厳しく、
日本の中で日本の起業を持ち上げるメディアはズレているのだ。
ただし、厳しいながらも可能性は完全にゼロではないので、
以下、起業で世界に勝負を挑む若者たちに向けて私見を述べてみたい。

続き
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/43796#gunosy

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

この筆者は、世界の一線ではたらくビジネスマンの実像を
肌で感じているのでしょうね?
刺激的な記事で勉強になりました。

ただ、一方でちょっと視野が狭いような気がしました。
たしかに、日本は独特の色が強いし、
世界から見たら、ガラパゴス化してるんだろうと思います。

でも、この筆者のいうような、バリバリのビジネスマンて
ちょっと前時代的な香りがします。

もっと、ビジネスの成功より、個人の幸福を
意識してみてもいいんじゃないかなと思います。

寝る間もないほど働いて、ビジネスで大成功して、
気づいたら人間らしいことはなにもしておらず
よくよく考えたら不幸なんて辛すぎますから。

いじょ、マルスでした。
ではでは。

メルマガの登録はこちらから
http://sail-ex.jp/fx7262/gariyama

=–−=–−=–−=–−=–−=–−=–−=–−=–−=
発行者:マルス
ワンピースブログ:http://lightforce.tokyo/manga/
肉球ぷにぷに:http://ameblo.jp/marth-fff
○職業
漫画ソムリエ
ITコンサルタント
肉球愛好家
=–−=–−=–−=–−=–−=–−=–−=–−=–−=

◆「正社員なくせば良い」なんて話が出る時代

こんにちは、ダイです。

某ニュースサイトで、

『竹中平蔵氏の「正社員なくせば良い」に柿沢未途氏同意』

なんて記事が載っていました。

今社会問題となっている非正規雇用。

正社員と同じ様に働いているのに、待遇、給料などで格差がある。

これは皆さんもご承知の通りです。

この不公平感Maxな現状に、格差を是正しろと言う声も高くなるのは必然です。

するとまぁ、「正社員のほうをなくせば公平になるよ?」なんて意見が出たわけですね。

大多数を占める労働者の立場で見れば、

『ふざけんなバカヤロウ!』ヽ(`Д´)?

となる話なわけですが。

まだ一般論ではありませんが、政治家の中でこんな話が出始めている。

その事実は重く受け止めなければならないのではないでしょうか。

仮にこんな話がこのまま進んでいけば、結構痛い事になるのは必至です。

「安定」を求めて会社勤めする方は多いと思いますが、

どうにもその「安定」も怪しい情勢になりつつあります。

まぁあくまでも一部の声なので、簡単に正社員がなくなる、

なんてことにはならないでしょう。

しかしこれからの時代、会社勤めの給料という、

1つの収入源だけではリスクが高い事も事実なのです。

今から準備を始めておきませんか?

マインドセットを強化したい方はこちら
http://www.firstchecker.jp/dx/form/1393/

————————————————-
発行者:ダイ
http://gift-ex.jp/L18617/b1/1121
————————————————–

森です。

アフィリエイト・・・

僕も最初はアフィリエイトから始めて、
今も取り組んでるものもあるので、
アフィリエイトの研究は日々行っています。

その中で、僕が今全くの0に戻ったら、
どうゆうかたちでアフィリエイトに取り組むか?
というものを考えたので、共有します。

———————————————
今、0の状態に戻ったらアフィリエイトをどう攻略するか?
———————————————

そもそもアフィリエイトと言ってもかたちは様々で、
ブログアフィリ、サイトアフィリ、
メルマガ、Twitter、Facebook、YouTube、
などなどたくさんの方法があります。

どれもアフィリエイトなので、
結論、何だって良いんですね。

で、

Twitterアフィリが良いのかとか、
ブログアフィリが良いのかとか、

そうゆう視点で見るのがそもそも違うと思っていて、
使えるものは全部使った方がいいんですよ。

アフィリエイト、つまり紹介業なわけです。

転売と同じ。

商品を紹介して、
売れたら(もしくは広告がクリックされたら)報酬をもらうわけなので
◯◯アフィリエイトだから稼げるとかそうゆう話じゃないんですね。

LINEを使っても良いし、LINE@もありますよね。
両方を併用してもOKです。

検索エンジンしか使わない、YouTubeしか見ない、
Twitterしか見ない、Facebookしか見ない、
というように人によって優先順位が違うので、
とにかく全部やった方が良いです。

そもそもこういったメディアは
アクセスを集めてくるための入口にすぎないです。
なので、全部使いましょう。

———————–
まず最初にする事は?
———————–

次に、

どうゆう設計図を作って作業に取り組むか?という話です。

ただ闇雲にブログ記事を更新していたら良いって話でもないですし、
ただTwitterのアカウントを量産してもYouTubeに動画をアップしても、
それだけやっててもあまり意味がないんですよ。

というよりもったいないです。

「それ」が目的じゃないですよね。

商品を紹介して稼ぐ事が目的なわけで、
まず最初にやる事は「設計図を作る事」なんです。

つまり、どうゆう商品で稼ぐのか?です。

ここが最初なんです。

「これを売る!」という商品があるから、
じゃあそのためにはこのくらいのアクセスが必要で、
こうゆうオファーで、こうゆう記事で、となるんですね。

ここの順番を逆に考えるのがコツで、
商品によっては莫大なアクセスが必要ない場合もあります。

で、じゃあ次にもっと具体的な部分、解説します。

具体的に何を売るのが効率よく稼げるのか?って話です。

これはですね、答えを言うと、

「人の根深い悩みを解決する商品を選ぶ」

という事です。

例えば、芸能ニュース、トレンドニュースを扱う場合、
どうしてもゴシップ的な話題になります。

確かにアクセスは集めやすいです。

でも、少し前からこの方法は厳しくて、
理由はGoogleが好まないからです。

熱愛、スポーツ、時事問題、などなど、
色んな話題が詰まったサイト作りは
Googleからすれば「よく分からないコンテンツ」なんですね。

このようなアフィリエイトの場合、
Googleのアドセンス広告を使われる事が多いです。

でも、ブログ訪問者の属性と広告の属性がマッチングしないので、
ほとんど商品が成約されていないんです。

僕たちにとってはアドセンス広告をクリックしてもらったら報酬になりますが、
その広告を出稿してる企業からすると死活問題なわけで、
当然ながら成約しない広告にお金を払いたくありませんよね。

で、その成約率とか細かい数字までGoogleはわかっているので、
じゃあこのブログは価値がないとみなされて、
ペナルティでBANされるという話なんですね。

ちょっと前まではまだそこまで厳しくなかったですが
今から取り組む場合はこの手のブログはけっこう厳しいです、、

話がそれたので戻ります。

つまり、とにかくトレンドネタを追いかけて、
闇雲にアクセスアップを狙うやり方は
これからは難しいというかGoogleから嫌われるので、
アフィリエイトに取り組む以上Googleから好まれるかたちで
取り組まないといけないのです。

じゃあそれが何か?

——————————
とにかく役立つコンテンツを作る
——————————

これしかないんです。

ユーザーの役に立たないと、
GoogleからBANされます。

で、おすすめと言うか、
具体的にこうゆうものに取り組みましょうというのが、
人が抱える悩み、不安、恐怖を改善するもの。

・お金
・健康
・コンプレックス

こういったテーマのものです。

つまり、僕が今、0の状態に戻ったとしたら何に取り組むのか?

それはこの3つのテーマに絞り、
これらを解決する商品で売れてるものを調べ、
とにかくそれを売る、という事をします。

お金という市場では何が今売れてるのか?
健康という市場では何が今売れてるのか?
コンプレックス市場では何が今売れてるのか?

これらのテーマはずーっとあり続ける不変のテーマです。

調べる方法は簡単です。

例えば、

それぞれのジャンルでどうゆうキーワードが
どれくらい検索されてるのか調べたり、

どれくらい広告が出てるのか調べたり、
売れ筋ランキングを調べてどれが売れてるのか調べたり、

全部無料で調べれます。

ただ、個人的におすすめは、「お金」の市場です。

——————————
なぜ、お金の市場なのか?
——————————

それは、アフィリエイトは通過点の1つだからです。

多分、ずーっとアフィリエイトをしていたい人って少ないと思うんです。

アフィリエイトのプロになるために取り組んでるんじゃないですよね?

インターネットを使って稼いで、
自由になりたいとか、家族に恩返しがしたいとか、
夢を叶えたいとか、車や家を買いたいとか、
何かしら目的があると思います。

僕もそうです。
目的があって取り組んでいます。

アフィリエイトも続けますが、
それだけだと厳しいんですよ。

現に、今このインターネットビジネスの業界で有名な人たち、
稼ぎ続けている人たちはアフィリエイトだけしてるわけじゃないですよね?

コンテンツ販売もしています。
コンサルサービスも販売しています。

セミナーもしていますし、
もっと言えばプロダクトローンチで稼いでいます。

中にはアングラに潜ってなかなか表に出てこない人もいますが
このパターンはかなり特殊なのでここでは省きます。

つまり、インターネットビジネスで稼ぎ続けようと思ったら、
こっちの世界にいかないといけないのです。

これがアフィリエイトは通過点と言う意味ですね。

で、その中で、結局大事なのはリストなんです。

「リストの量が大事なんじゃない!質なんだ!」
という声もあって、もちろんそれはそうです。

ただ、そうは言っても量も大事なわけで、
結局はリストマーケティングなんです。

今大きく稼いでる人はみんなそうです。
だから僕たちもこっちにいかないといけない。

そしてやはりお金の市場って大きくて、

痩せたい!とか、きれいになりたい!とか、
薄毛を治したい!とか、健康になりたい!

よりも、

お金を稼ぎたい!

という方が大きいんです。

なので、これから参入するのはお金市場が良いんですね。

———————————————-
つまり、お金市場の商品をアフィリエイトするのが早い
———————————————-

という事なんですよ。

ここまで長く話してきましたが、
僕が全くの0の状態になったらどうするか?

まず最初に商品を決めるのですが、
お金稼ぎ系の人気教材に絞ります。

で、それを売るためのアクセスを集めるためのメディアを作ります。

さらにそこからオファー、特典も考えて、
それを売る事に集中します。

なので、

黒川哲夫さんにはぜひこの方法を実践してほしいと思います。

実際、僕の仲間もこの流れで取り組んでいますが、売れてます。

売れてるだけじゃなくてリストもとれて、
情報発信にもうまく活かしています。

ただ何となく記事を更新したり動画をアップするのではなくて
こうした全体の設計図を考えて取り組んでみると良い成果が出やすいので、
ぜひ実践してもらえたらと思います。

メルマガの登録はこちら
http://ko-he1.com/LP04/mga/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行責任者:森公平

発行者情報:http://ko-he1.com/

【Facebook】
http://ko-he1.com/5odx
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆編集後記

どの記事が一番よかったですか???ぜひ、声を聞かせてください。

support@nonly1.com

声をくださった方へ、黒川哲夫よりある物品をお届けいたします。

◆音声セミナー

中庸社長になるためのステップとは????

中庸社長になるためのステップ1
http://mallow-ex.jp/Ls10415/21961

中庸社長になるためのステップ2
http://mallow-ex.jp/Ls10415/31961

中庸社長になるためのステップ3
http://mallow-ex.jp/Ls10415/11961

————————————————-
発行者:黒川哲夫(くろかわてつお)
http://nonly1.com/

プロフィール:
http://nonly1.com/kurokawa.html

職業:Nonly1プロデューサー(9年目)
Nonly1とは、No1とOnly1を組み合わせた
NEW1(最新創造)をするプロデュースです。

個人事業主×個人投資家×個人発明家

心と感情(感謝と愛情)のソウルライター

————————————————–

コメントは受け付けていません。