今のアフィリエイトの現状

森さんから届いた、かなり役立つメールをシェアします。

アフィリエイト・・そうなんですよね、
確かに副業の代名詞みたいなところがありますが
昔に比べてそんなに簡単にできるものではなくなってきました。

ネタ選び、商品選び、キーワード選定など、
このあたりは多くの方がぶつかる壁でもあります。

僕も最初はアフィリエイトから始めて、
今も取り組んでるものもあるので、
アフィリエイトの研究は日々行っています。

その中で、僕が今全くの0に戻ったら、
どうゆうかたちでアフィリエイトに取り組むか?
というものを考えたので、共有します。

———————————————
今、0の状態に戻ったらアフィリエイトをどう攻略するか?
———————————————

そもそもアフィリエイトと言ってもかたちは様々で、
ブログアフィリ、サイトアフィリ、
メルマガ、Twitter、Facebook、YouTube、
などなどたくさんの方法があります。

どれもアフィリエイトなので、
結論、何だって良いんですね。

で、

Twitterアフィリが良いのかとか、
ブログアフィリが良いのかとか、

そうゆう視点で見るのがそもそも違うと思っていて、
使えるものは全部使った方がいいんですよ。

アフィリエイト、つまり紹介業なわけです。

転売と同じ。

商品を紹介して、
売れたら(もしくは広告がクリックされたら)報酬をもらうわけなので
◯◯アフィリエイトだから稼げるとかそうゆう話じゃないんですね。

LINEを使っても良いし、LINE@もありますよね。
両方を併用してもOKです。

検索エンジンしか使わない、YouTubeしか見ない、
Twitterしか見ない、Facebookしか見ない、
というように人によって優先順位が違うので、
とにかく全部やった方が良いです。

そもそもこういったメディアは
アクセスを集めてくるための入口にすぎないです。
なので、全部使いましょう。

———————–
まず最初にする事は?
———————–

次に、

どうゆう設計図を作って作業に取り組むか?という話です。

ただ闇雲にブログ記事を更新していたら良いって話でもないですし
ただTwitterのアカウントを量産してもYouTubeに動画をアップしても、
それだけやっててもあまり意味がないんですよ。

というよりもったいないです。

「それ」が目的じゃないですよね。

商品を紹介して稼ぐ事が目的なわけで、
まず最初にやる事は「設計図を作る事」なんです。

つまり、どうゆう商品で稼ぐのか?です。

ここが最初なんです。

「これを売る!」という商品があるから、
じゃあそのためにはこのくらいのアクセスが必要で、
こうゆうオファーで、こうゆう記事で、となるんですね。

ここの順番を逆に考えるのがコツで、
商品によっては莫大なアクセスが必要ない場合もあります。

で、じゃあ次にもっと具体的な部分、解説します。

具体的に何を売るのが効率よく稼げるのか?って話です。

これはですね、答えを言うと、

「人の根深い悩みを解決する商品を選ぶ」

という事です。

例えば、芸能ニュース、トレンドニュースを扱う場合、
どうしてもゴシップ的な話題になります。

確かにアクセスは集めやすいです。

でも、少し前からこの方法は厳しくて、
理由はGoogleが好まないからです。

熱愛、スポーツ、時事問題、などなど、
色んな話題が詰まったサイト作りは
Googleからすれば「よく分からないコンテンツ」なんですね。

このようなアフィリエイトの場合、
Googleのアドセンス広告を使われる事が多いです。

でも、ブログ訪問者の属性と広告の属性がマッチングしないので、
ほとんど商品が成約されていないんです。

僕たちにとってはアドセンス広告をクリックしてもらったら報酬になりますが、
その広告を出稿してる企業からすると死活問題なわけで、
当然ながら成約しない広告にお金を払いたくありませんよね。

で、その成約率とか細かい数字までGoogleはわかっているので、
じゃあこのブログは価値がないとみなされて、
ペナルティでBANされるという話なんですね。

ちょっと前まではまだそこまで厳しくなかったですが
今から取り組む場合はこの手のブログはけっこう厳しいです、、

話がそれたので戻ります。

つまり、とにかくトレンドネタを追いかけて、
闇雲にアクセスアップを狙うやり方は
これからは難しいというかGoogleから嫌われるので、
アフィリエイトに取り組む以上Googleから好まれるかたちで
取り組まないといけないのです。

じゃあそれが何か?

——————————
とにかく役立つコンテンツを作る
——————————

これしかないんです。

ユーザーの役に立たないと、
GoogleからBANされます。

で、おすすめと言うか、
具体的にこうゆうものに取り組みましょうというのが、
人が抱える悩み、不安、恐怖を改善するもの。

・お金
・健康
・コンプレックス

こういったテーマのものです。

つまり、僕が今、0の状態に戻ったとしたら何に取り組むのか?

それはこの3つのテーマに絞り、
これらを解決する商品で売れてるものを調べ、
とにかくそれを売る、という事をします。

お金という市場では何が今売れてるのか?
健康という市場では何が今売れてるのか?
コンプレックス市場では何が今売れてるのか?

これらのテーマはずーっとあり続ける不変のテーマです。

調べる方法は簡単です。

例えば、

それぞれのジャンルでどうゆうキーワードが
どれくらい検索されてるのか調べたり、

どれくらい広告が出てるのか調べたり、
売れ筋ランキングを調べてどれが売れてるのか調べたり、

全部無料で調べれます。

ただ、個人的におすすめは、「お金」の市場です。

——————————
なぜ、お金の市場なのか?
——————————

それは、アフィリエイトは通過点の1つだからです。

多分、ずーっとアフィリエイトをしていたい人って少ないと思うんです。

アフィリエイトのプロになるために取り組んでるんじゃないですよね?

インターネットを使って稼いで、
自由になりたいとか、家族に恩返しがしたいとか、
夢を叶えたいとか、車や家を買いたいとか、
何かしら目的があると思います。

僕もそうです。
目的があって取り組んでいます。

アフィリエイトも続けますが、
それだけだと厳しいんですよ。

現に、今このインターネットビジネスの業界で有名な人たち、
稼ぎ続けている人たちはアフィリエイトだけしてるわけじゃないですよね?

コンテンツ販売もしています。
コンサルサービスも販売しています。

セミナーもしていますし、
もっと言えばプロダクトローンチで稼いでいます。

中にはアングラに潜ってなかなか表に出てこない人もいますが
このパターンはかなり特殊なのでここでは省きます。

つまり、インターネットビジネスで稼ぎ続けようと思ったら、
こっちの世界にいかないといけないのです。

これがアフィリエイトは通過点と言う意味ですね。

で、その中で、結局大事なのはリストなんです。

「リストの量が大事なんじゃない!質なんだ!」
という声もあって、もちろんそれはそうです。

ただ、そうは言っても量も大事なわけで、
結局はリストマーケティングなんです。

今大きく稼いでる人はみんなそうです。
だから僕たちもこっちにいかないといけない。

そしてやはりお金の市場って大きくて、

痩せたい!とか、きれいになりたい!とか、
薄毛を治したい!とか、健康になりたい!

よりも、

お金を稼ぎたい!

という方が大きいんです。

なので、これから参入するのはお金市場が良いんですね。

———————————————-
つまり、お金市場の商品をアフィリエイトするのが早い
———————————————-

という事なんですよ。

ここまで長く話してきましたが、
僕が全くの0の状態になったらどうするか?

まず最初に商品を決めるのですが、
お金稼ぎ系の人気教材に絞ります。

で、それを売るためのアクセスを集めるためのメディアを作ります。

さらにそこからオファー、特典も考えて、
それを売る事に集中します。

なので、

黒川哲夫さんにはぜひこの方法を実践してほしいと思います。

実際、僕の仲間もこの流れで取り組んでいますが、売れてます。

売れてるだけじゃなくてリストもとれて、
情報発信にもうまく活かしています。

ただ何となく記事を更新したり動画をアップするのではなくて
こうした全体の設計図を考えて取り組んでみると良い成果が出やすいので、
ぜひ実践してもらえたらと思います。

 

コメントは受け付けていません。