7つの稼ぐ力

神田昌典先生の図解・稼ぐ力に書いてある内容

 

1。速読術 フォトリーディング

2。整理術 マインドマップ

3。発想法 イメージ思考

4。話し方 スピーチの結晶

5。目標達成法 フューチャーマップ

6。リーダー術 桃太郎理論

7。未来予測法 春夏秋冬理論

 

大事なのは、まず、最初は知識の差であり、情報整理の差であり、思考力の差だということ。だから、まずは徹底的に情報を入れて、人よりも思考力を磨かなければいけない。思考力の差が、アイディアの差になり、思考力の差が、ミスを減らし的確な行動へとつながっていく。

そして、話しが上手で、目標を確実に達成する力があり、未来を予測できる力のある人は、成功するということ。

最後に最も重要なのが、チームをぐいぐいひっぱるリーダー術。

 

リーダーは、チームを管理するのに「役割」を理解しなければいけない。

桃太郎キャラ=起業家

犬キャラ=実務家

猿キャラ=管理者

キジキャラ=統合者

この4つの役割があり、夢を描く人、実行する人、管理する人、統合する人がいるということを理解して、適材適所に配置をして、みんなが幸せに楽しく仕事ができるようにバランスをとらないといけない。

そして、一人一人の努力に応じて、しっかりと適正かつ十分な対価を与えられるようにして、公平性を保つ事。

 

コメントは受け付けていません。