避けられない7つの宇宙の法則

人は、この7つの法則を避けることができない。

 

1。思考の法則

思いが現実を創造する

2。投影の法則

内側が外側に投影される

3。波動の法則

似た波動を引き寄せる

4。極性の法則

本質には両方の性質がある

5。振子の法則

得れば失い、失えば得る

6。両性の法則

違う性と違う性が組合わさって新しくなる

7。因果の法則

原因が育って結果になる

 

思考の法則

つまり、人は思考しなければ創造しない、考えていないということは現実になることはないということ。

投影の法則

内側を変えないと、外側は変わらない。外側を変えても、内側が変わらなければ意味がないということ。

波動の法則

自分の日常的な波動と、同じような波動の人が引き寄せられる。自分の波動を変えない限り、やり方を変えても戻ってしまう。

極性の法則

すべてのものには反対の面を持っているということ。美味しいものを食べると嬉しい、しかし、食べ過ぎると太る。つまり、1つの行動の中には、両極の反応がある。

振子の法則

人間は得れば失い、失えば得る。1日は24時間しかなく、あなたが持っているお金にも限りがある。もっとお金を得たいなら仕事するしかない。知恵を使いテコの原理を活かせば、少ない時間と小さな労力で大きなお金を得ることができる。しかし、仕事した分、自由時間はなく、他のことはできない。一人孤独に勉強する時間を確保したら、みんなと仲良くしている時間はない。だからバランスが重要。

両性の法則

違うものと違うものが組合わさって新しくなる。すべては1つで完結しない。違うものと組合わさることによって新しい価値を生み出すことができる。

因果の法則

結果があるのは、過去に原因があったからであり、未来の結果は、今の原因によってきまる。小さな結果が、大きな結果に育つまでには一定の期間を必要とする。しかし、自然のリズムに従って1つずつ育てていけば、必ず実り大樹となる。

 

この法則を無視して、成功することは絶対にできない。

 

成功するためには、思う必要があり、内側を変える必要があり、幸せな気分を保ち、人に感謝と愛情を与えながら、どんな現象からも価値を見いだし、自分が得たいもののために積極的に損失し、違うものから素直に学んで新しい価値を生み出さなければいけない。

原因が結果に育つまでには一定の期間が必要であり、集中すればするほど、無駄な意味のないことを排除すればするほど、そのことだけにフォーカスすればするほど、結果の育ちがはやくなる。

 

だから、絶対に諦めてはいけない。止めてはいけない。ストップしたらそこで試合終了になってしまうから。

人間は、前進しかしていない。失敗も前進している証拠。前進すればするほど、経験値が高くなり、気付きが増えて、技術も高くなる。その結果、アウトプットの質や、提供する価値も高くなり、多くの人に感謝してもらえるようになる。やればやるほど上達して、やればやるほど価値が上がる。

だから、うまくやろうとか、失敗しないようにしようというよりも、自分の直感と、自分の魂を信じて、ただまっすぐにやり抜くことが大事。

勉強も、ノウハウの1つを実行することも、やり続けなければ結果は出ないし、原因が結果に育つには、それなりの時間を必要とする。だから、無駄なことを一切やめて、自分が描いたビジョンと、設定した目標に向かってただ前進し続けること。

挑戦すればするほど、失敗が多くなり、闇も増え、多くの人から批判されることがあるかもしれない。しかし、それでもなお続けなければいけない。

続けていけば、必ず道は開けて、気付いた時には、夢のすべてが現実化している。

コメントは受け付けていません。