転職で失敗しない7つのコツ

(1)とことんやりきったという自信と実感を持つ
転職に成功した人の多くは、どんな業務でもいいからとことんやりきったという経験があるという。その業務が好きか嫌いかはともかく、目の前にある新しい課題、難しい課題にがむしゃらに取り組み、乗り越えていくその経験が、次の会社で上手くいく大切な要因となるのだ。

(2)社内・社外を問わず、大勢の人から助言をもらう
社内・社外問わずなるべく多くの人と付き合い、助言をもらえる人は転職しても成功できる。これはメンター(仕事や人生にアドバイスをくれる人)をつくると いう意味と、越境学習をするという意味の2つがある。特に社外のメンターのアドバイスは客観的であることが多く、異なった価値観を持っているため、フラッ トな状態で見つめられた自分をフィードバックされるのだ。

(3)身につけるべきは、資格よりも「仕事を回すコツ」
仕事で最も大事なことは、結果を出せるかどうかだ。そのために必要なのは、いかにチームで仕事を回していくかということ。だから、転職の際は資格よりも、 人とのコミュニケーション力、ロジカルに考え自発的に提案・交渉する力、そして自らの軸に基づく専門性を身につけていたほうが良いだろう。

(4)専門性に関連したスキルの横の掛け算ができることを目指す
この成功法則に当てはまる人々は役職など明確なキャリア目標を立てている人は少なく、それよりも彼らが意識しているのが「軸」に基づく専門性だ。その専門 性は柔軟に変更でき、例えば英語という専門的スキルに経理財務と外資系企業での経験という掛け算ができるように、関連したスキルの横の掛け算ができること が大切だと石山氏は述べる。

(5)ステージ替えで、成長の可能性を切り拓く
転職はどのようなタイミングでするの がベストか。それは、「ステージが替わるとき」だ。会社としては、会社が自社に役立つことをして欲しいという期待を持っていることが多く、自分の軸と専門 性をまったく考慮してくれないケースがある。その専門性を生かすことができず、それ以上成長できなくなってしまったときは、転職によってステージを替える ことでさらなる成長が期待できるようになる。

(6)転職する前の会社の悪口は、絶対に言わない
成功法則に当てはまる人のほとんどは、転職前に勤めていた会社の悪口を言わないと石山氏はつづる。むしろ愛着を持っている人が多く、前の会社からも評価は受けてきたが、ステージを替えるために転職したという人が成功できるのだ。

(7)失敗して最悪の事態になることも想定する
転職に成功する人は、転職を甘く考えていない。事前にリスクを検証し、最悪の事態になることも想定しているという。転職しても良いことばかりではなく、リスクも多い。そのリスクを覚悟しているからこそ、転職後の試練を乗り越えることができるという。

コメントは受け付けていません。