決算7つの法則

  1. 必ず発生ベ−スで計上すること。例としては、売掛金(商品を引渡したのにまだ受取っていない金額)、買掛金(商品を仕入れたのにまだ支払っていない金額)を計上する。また、年払いの保険料等があれば月割りにする。
  2. 月次で商品の棚卸を行うこと。月次で正確に行うことが難しければ、百万円ないし十万円単位でも良いので在庫金額を把握しておく。
  3. 仮払金、仮受金は原則使わないこと。使わざるを得なかった場合には、翌月必ず内容を確認し適切な勘定科目に振り返ること。
  4. 減価償却費を月割り計上すること。ザックリでも良い。
  5. 支払予定の賞与を6分の1づつ月割り計上すること。
  6. 消費税は原則として税抜き経理にすること。
  7. 納税充当金(予測税額として費用計上)を月割り計上すること。

コメントは受け付けていません。