天才になる10の法則

天才は、人と違う思考法をしている。だから行動習慣も違う。

人が3行動するときに、天才は30とか、300行動している。

物理的に不可能なことをも、知恵や協力によって可能とする。

天才は、絶対にあきらめない。できるまで集中し没頭する。

誰にも彼を止めることができない。

原因は、必ず結果に育つ。

目的をもって的確な行動を続ければ人は必ず成功する。

1。変わらぬ強烈な好奇心

2。タスクを明確にし、やることに集中する

3。朝起きるとき、寝る時に自己洗脳する

4。間違いから学び、二度と繰り返さない

5。一人でリラックスする時にアイディアは出る

6。人とは違う視点で物事をみてみる

7。尊敬するあの人なら?と考える

8。健康と幸福は自己責任

9。直感〜感覚的知性〜を磨く

10。問題意識を切り替えてみる

天才的なアイディアは

「ベッドで休んでいるとき」
「自然の中を歩いているとき」
「自分の車の中で音楽を聴いているとき」
「シャワーやお風呂でリラックスしているとき」

そういうときに、浮かんでくる。

特に好奇心。そして、夢中になって実践すること。そして

休んでいるときに、ぱっと思うアイディアを形にできる力。

この3つが天才の要因と思う。

コメントは受け付けていません。