ボケないための7つの法則

1・散歩をする
「意欲」を持って散歩をする。例えば散歩の途中に目にした道端の花や風景を絵手紙するなど。

2・読む
新聞のコラムを声を出して読んでみる。気になる記事は切り抜く。投稿してみる。辞書をひく癖をつける。

3・料理をつくる
自分の昼飯が作れるかどうか。それによって自立心が芽生えボケからも逃れることができる。料理は人を喜ばせることができる。料理は頭と手を両方使うのでボケ防止になる。

4・人と会う
まず人と出会い、人と交わることが大切。人を喜ばせ、感謝される、数え切れないほどの「仕事」があなたを待っている。これまでの肩書きを捨てて、ちょっと外に出れば、あなたにやってもらいたいことはたくさんある。

5・出かける
電車やバスに乗ってどこかに出かけてみよう。例えば、何も買うものがなくてもデパートへ行って商品を見て回るだけで、情報が飛び込んでくる。バスや電車に乗って「ここで迷子になったら大変だ」という緊張感もボケ防止のつながる。

6・恋をする
「恋ごころ」を持つことによって、マイルドな「緊張感」と「意欲」を持って毎日の生活を送ることができる。

7・日記をつける
毎日日記をつけることによって、その日一日のケジメ、翌日への「生きがい」が生まれてくる。医学的な見地から言うと「書くことで、右脳と左脳が同時に動く」
その日一日の出来事を思い出すことは脳の活性化にもつながり、記憶機能にも刺激を与える。

コメントは受け付けていません。