チラシ集客7つの法則

ポイント1募集する「生徒」のポイント

募集する「生徒」のポイント

「誰に向かって呼びかけるチラシなのか」が最初のポイントです。どういう学校の生徒、どのレベルの生徒をターゲットにしているか、はもちろんのこ と、チラシを打つ場合には、保護者向けなのか、生徒向けなのか、といったことを決定した後に、制作に取り掛かることが反響を生みだすポイントといえるで しょう。

ポイント2最適な用紙サイズと紙質を選ぶ

最適な用紙サイズと紙質を選ぶ

印刷料金は、用紙の種類・用紙サイズ・印刷色数・部数・片面印刷・両面印刷などにより料金が異なります。印刷目的によっても用紙サイズや紙質も異 なりますが、お客様のご希望、用途に合わせて、注文していただく事が可能です。ご希望の用紙が無い、どの用紙を選んだらいいのか分からない場合には、お気 軽にお問い合わせください。

ポイント3当たるキャッチコピーの作り方

当たるキャッチコピーの作り方

チラシは、「なんとなく」つくってしまうと、意図する相手に届くことはありません。 まずは、ターゲットを明確にし、「わかりやすいこと」、「短いこと」(30文字以内)、「核心をついているかどうか」をチェックすることが必須です。ただ し、それだけでは「あたるキャッチコピー」には到らないないので、さらに具体的にみていきましょう。よく学習塾のチラシをみていると、「新年度生徒募集」 や「夏期講習受付中」などの大見出しが使われることがありますが、これは成功しているとはいえません。最初に目につくコピーは、「●●校への進学率№1」 とか、「3か月で〇〇点、成績アップが狙える」など、より具体的に、ターゲットの求めている結果を打ち出しすことが重要です。そのキーワードを明確に打ち 出せたときに、結果、「あたるキャッチコピー」となっているのです。

ポイント4チラシはレイアウトが命

チラシはレイアウトが命

チラシはとにかく目立つこと、言いたいことが一目瞭然であること、が重要です。いわゆるチラシは、カタログでもなければメニューでもないので、 ユーザーの欲望にぐさりと刺さるキャッチが載ったデザインであれば効果は絶大です。加えて情報が見やすく、レイアウトされていることがチラシの肝といえる でしょう。

ポイント5塾のオリジナルリティをチラシにも

塾のオリジナルリティをチラシにも

デザインや、写真、イラストなどの工夫は欠かせませんが、結局はどういう内容なのか、何を訴求したいのか、ということに尽きます。どんな奇抜なチ ラシを作ってもオリジナリティがなくてはお客様の心にはヒットしないのです。「お客さまの知りたい答えを、自らの言葉で語る」、そんな気持ちで積極的に取 り組んでいきましょう。

ポイント6写真選びは「高級感」より「季節感」

写真選びは「高級感」より「季節感」

チラシのデザインにおいて大事なのは、写真選びです。“成功をつかむ!学習塾チラシ”のデザインの秘密は、実は、写真の持つ高級感ではなく、「季 節感」が大切だということです。季節感=「今やるべきことは何か」ということを端的に表現することで、ユーザーの関心を一層引きたてることになるのです。

ポイント7競合他社のチラシと比較しよう

競合他社のチラシと比較しよう

自社制作のチラシを考える際に、やはり参考となるのは、競合他社のチラシです。まずは、新聞に折り込まれているほかのチラシをチェックしてみま しょう。自社と一番近いサービスを提供している塾はどこなのか、また、印象のよいチラシも分析してみましょう。消費者の目線で見ることも自社チラシを作る 際に役立ちます。

コメントは受け付けていません。